FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想 F1搭乗記 

先週開催された
2017オーストラリアGP。
フェラーリの復活で今年は楽しくなりそうだ。

そんな中、先日の興奮冷めやらぬメルボルンのサーキットにJundaはノコノコとやって来たのさ。
ピットに行くとそこにはもう自分が乗込むグリーンのマシンが用意してあり準備万端なのさ。
カッコいい。。。
20170401_215349_17413.jpg 

さすがに最新式とはいかず2013モデルのF1カー
今はもう解散してしまった元ケータハムチームのマシン。
ルノーのカスタマーエンジンを搭載しているのさ(それでも速いよ〜)

とあるBOXから借り出して、走らせてみるのさ。

20170401_211909-1.jpg 

メカニック達もマシンを準備してくれて走り出すためのセッティングをしてくれてるのさ。
ウイングの角度、車高の調整、ギアレシオの調整、キャンバー角の調整、スプリングレートの
調整。。。色々あって大変。
でもありがたい、ってか自分のために動いてくれてるのがたまりません。
このコースに合わせて走りやすいように、また走りにくくてもタイムが出るように
セッティング。

今回はこのコースを走るのさ。
オーストラリア メルボルン アルバートパークサーキット 全長5.303km20170401_211753-1.jpg 
メルボルン市内の公園にあり、湖の廻りを周回する市街地サーキットなのさ。
ぐるっと回り込むコーナーと複合コーナーが混ざりストップ&ゴーのレイアウト。
リズムよく走らないとすぐにコースアウトしてコース脇の壁の餌食に。

さて、準備も整ったので一丁走りますかね。
ヘルメットつけてグローブはめて乗込んでいざ。
エンジニアのトムに合図!

コースイン。

最初の数周はゆるゆると様子をみながら走るも、
その内にだんだんと調子にノってペースアップ。

このドライバー視線だと曲がるタイミングが若干とりずらいのさ。
いや、この視点でしかみれないはずなんですけどね(汗)神様の目線があったりするのさ。

とりあえずコース脇の看板とかを目印にして走ってみる。
20170401_215044_27143.jpg 

あー、目が付いていきません。。。
でもなんとなくいい感じかな。
20170401_114807_52795.jpg 
なんとかインに喰らい付きメルボルンのコースを右に左に攻略。
やっぱ、今のV6ターボの音よりもV8NAの音のほうがイイな。。

この頃のケータハムって一番速そうな見た目とマシンデザインだったな。
可夢偉が移籍したとたん数戦後に、オーナーがチームを手放しちゃって
ココに描かかれてる主要スポンサーがどんどん撤退して、
ほぼマシンカラーの緑色だけに。。。すげー残念だった
トニー・フェルナンデスよ、もっと長い目で見ろや!
所詮、広告と投資目的で参戦しただけの束の間のなんちゃってオーナーだったのさ。
でもそれもF1なのよね。
20170401_114807_77822.jpg
この艶なし黒とシルバーのラインのヘルメット 
前ワールドチャンプのニコ・ロズベルグっぽくてお気に入りなのさ。
20170401_114807_11826.jpg 
最終コーナーを立ち上がってるところ。
このひとつ手前のコーナーがコースの中で一番スピードが落ちるのだけど、
逆にフラフラして難しい。。。ラインに載せていくのが大変。
そこからスロットルを開けながら最終コーナーに向かうのだけど、パワーが
あるので慎重にいかないと、、、ヤバい。

20170401_114807_64344.jpg 

何周も何周も淡々と走り込んだのさ。
(集中力が続かなくて10周くらい走るとピットイン。。。)

なんとなーくいい感じで走れたなかで、出たのがこのタイム。

20170401_115314_1797.jpg 

Junda最速タイム 1:33:076(33秒から35秒後半辺りをウロウロ〜)

Junda各セクタータイム       2017 F1決勝 各セクタータイム
セクター1 30:513      セクター1 28:885
セクター2 25:281      セクター2 23:071
セクター3 37:281      セクター3 34:385

ちなみに今年のF1のポールポジションタイム
ルイス・ハミルトン (メルセデス)        1:22:188

予選最下位のタイムですら       
ジョリオン・パーマー (ルノー)          1:28:244

速っ! 

一生懸命に走ってもさらに10秒以上先のタイム差にあっさり脱帽です。 

さすがに本物は異次元の速さ。

そんなこんなで、Jundaはマシンから降りヘトヘトになりながら
側にある椅子に腰掛ける。。。アイタタタ。。目が疲れて霞む。
コントローラーを操作してた指がプルプル。。。

あれれ??

というわけですべてゲームの中のでのプレー。妄想の出来事でした。。

なんてね。


なのさ。




Junda






Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。