FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな装い!、Junda 観劇〜。 

唐突にブログの装いが変わったのさ。

それは今日、とある人物からちょっと変えてやるから待ってろとLINEが入り、

Jundaが外出してる間に遠隔操作で変更してくれてたのさ。

見ての通りとってもスタイリッシュでカッコいいのさ!!! 

ありがとう! とある人物さま!

さて。

今日のJundaの外出先ははココなのさ!

20160716_121845.jpg 
中野 ザ・ポケット  

ココでJundaが現実の世界でお仕事をさせていただいてる西荻の某有名劇団が公演をしてるので、

観劇に行ってきたのさ。

中野駅南口から丸井の裏を抜けてトコトコ歩いて住宅街の真ん中にあるこの劇場に到着した。

「銀河鉄道の恋人たち」 
20160716_191329.jpg 
チラシ・ポスター・チケット・パンフレットまで、とある人物が仕切る部署がデザイン。

原爆投下から20年後の昭和40年代、復興した広島を舞台とした、

とある喫茶「銀河」で繰り広げられる物語。

ファンタジックだけど、キラキラして暑苦しい青春群像劇かと思いきや。。

両親を先の原爆で亡くした物語の主人公の秘密や葛藤があって、さらにまた、

ヒロインとの恋の始まりやその限られた時間の中でのやりとりが切なくて暖かくて、

まるで、流れ星がシュッと一瞬で過ぎ去るようなホロっとさせる物語なのさ。

Jundaも歳をとったのか、演技に引き込まれついつい涙腺が緩んでしまったのさ。

宮沢賢治の銀河鉄道の夜の話も多分に絡めているので、知ってる人は感情移入しやすいのさ。

Junda この物語をモチーフとした絵も描いてたので、今回はすごく入ってしまったのさ。

そんなこんなで1時間50分の公演時間もあっという間に過ぎてしまった。


ただ、ただこれを何とかしてくれればもっといいのに と思う事があるのさ。

それは、劇場の椅子。 約2時間の演劇に同じ体勢で座っているのがとても辛い。。。

足と腰が痺れてくるので、場面転換時にあっちを動かしこっちを動かし。。

もっとフカフカの椅子があればと。。。願うのさ。。


でも今日はいいものを観たな。

なのさ。







Comment

Name - sunsetruri  

Title - 

こんばんは〜

ブログ・・新しくなりましたね。
いい感じです〜⤴︎⤴︎
さすが【とある人物さん】・・T⚪️ryさんですね(*^_^*)
ホント凄いと思います。

でも・・何だか・・
jundaさんのブログの内容や文章も・・
いつもよりカッコよく見えますよ〜(笑)
いえいえ・・カッコいいです(^ ^)

今日は演劇鑑賞されたのですね。
いいものを観るといい事があったような
清々しい気分になりますよね(^ ^)

次回はぜひ小さめの座布団を・・
持参してみて下さいね〜(笑)
なぁ〜んてね(^^;;
2016.07.16 Sat 21:56
Edit | Reply |  

Name - junda  

Title - 

sunsetruriさん

こんばんは。

座布団ですか〜、良い事を聞きました。
次はそれでやってみますね。
ありがとうございます。

そうなんです、Toryなんですよ、あの人とは。
ご自分のを変えたついでにオメーのも変えてやるよ!と。
なかば強引に・・・(笑)
でもいつものことなんですけど、結果オーライなんです。
なんだかんだと、面倒見が良い人なんすよね〜。

また茶化した事書いてると怒られるからこの辺で〜。

ワハハ


Junda

2016.07.16 Sat 23:01
Edit | Reply |  

Name - Tory  

Title - No title

何を言ってんだよ、色替え面倒だけど、この前みたいにサイズに合わせて画像チクチク加工するとかそんなには手間かけてねーよ。
プロフの写真はやっぱりブラックバードだよな(笑)

それより、朋友行って来たのね。オレも前に観に行った時は感動したよ。
大きなホールより小さい規模の方がライブ感があって良い!
椅子はともかくとして・・・
自分がデザインしたパンフやチラシをお客様が見てる姿をさり気なく見かけて
ちょっと嬉しかったり(笑)
なのでここのデザイン仕事は規模は小さく苦労はあっても
オレも結構好きでやり甲斐も感じながら作っていた。
でもそういう仕事こそ部下に渡して任せた方がいいなーと思い今はやってもらってる。
今回のデザイン、オレは好きだね。デザイナーがこだわるフォントやイメージにあ合わせたテイストの工夫などが感じられてパット見アイキャッチとしても良いと思う。結果的にも良いと思うが・・・
プロセスでは色々あったんだということはわかっている。
そういうところデザイナーも含めてお互いに上手く行くと良いのだけどね・・・
まー営業担当としては間に挟まれて大変だろうけど
そこはプチディレクターのつもりでがんばってくれー(`・ω・´)ゞ
2016.07.17 Sun 11:17
Edit | Reply |  

Name - junda  

Title - 

Tory

コメありがとうなのさ。

今回の自分の席はステージから2.3メートルくらいしか離れてなくて、
一番前の席だと、ほんとに役者さんに当たっちゃうんじゃないのかって
くらい近かったのさ。名前の通りポケットくらいの大きさの劇場。
一回 役者さんと眼があっちゃったからこっちが困った。。。。
あと、息づかいも聞こえるほど、だから声も耳の奥まで入ってきて
心に染みるというか、良かったよ。
普段の生活であれをやられると辟易するんだけどね〜(笑)うるせーって。

しかも、今回は劇中の音楽もその場でプロが弾きながらだったので、
ライティングの妙とあわせて幻想的な空間イメージと雰囲気がよく出ていたよ。。
あの舞台演出やインスピレーションをもっとパンフやチラシポスターに活かせたら
もっと良くなるのになーと、思ったりして。

やぱ実際に行くと気づきもあるのでイイね。



Junda

2016.07.17 Sun 13:24
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。