FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

這い上がれ、もう一度。 

ちょっと前に開催されたF1モナコGP。

前回スペインGPの若き覇者、マックスの活躍が期待されたが、あまりイイところなく自滅。
その代わりにチームメートのダニエルが、惜しかったが良い仕事をした。

そんなGPだった。

20160529_092440.jpg(熱海ではなくモナコなのさ)

それよりも今回注目したのは、スローカメラによるF1マシンの走りと挙動。

たまたま映し出された、このスロー画像を何度も何度も見返してしまったのさ。。

前回スペインGP前に電撃的にマックスと交代させられたダニール・クビアトの走り。
まだまだ這い上がる意志を捨ててないな!と思わせる走り。
今後も頑張ってほしい、活きがイイロシアンドライバーなのさ。
なんとなく要潤に似てるような。。

20160529_114337-1-2.jpg
ガードレールギリギリ。
フロントタイヤとの間隔は数センチ〜数ミリ。。。

レポーターの川井ちゃんも右京も「んん〜、F1ド・ラ・イ・バー ですね〜〜」と感心するほど。

その昔 セナが予選時のスーパーラップでガードレールから数ミリ単位で走ってると聞いてはいたけど、
Junda的にはそれを実証するような写真や画像は見る事は出来なかった。

それが、今回この画を見る事が出来て、納得。
いや〜プロって凄い、この画面だけ切り取って云うのも安直すぎるんだけど、わかりやすい。
さすがに競争をかいくぐりここまで上り詰めてくるだけのことはあるなと思ったのさ。

また、最近のカメラ技術も凄いってのを改めて感じさせられたのさ。


それにしても毎周こんな曲がりくねったコースをレーシングスピードで走れるもんだ。

20160529_092527.jpg

画的には美しい街並の横を最新のマシンが駆け抜ける姿がすごくカッコいいのだけど。
ゲーム的には凄く嫌なコースさ。 

それはこのコースがほかのGPコースと比べて段違いに難しいからに他ならない。。
(まー、あくまでも自分の主観なので難しくないって人もいると思うのさ)
ある一定のリズムと集中力がないとガードレールに当たってばかりでマトモに1周する事も出来ない。
だからといって、攻めてないとタイムが全然出ないし、攻めるとガードレールに当たって
クラッシュ。。。。(ああ、ゲームなのに。。)

ゲームでもコレなのに、はるかに複雑な環境のもとリアルで操っているドライバーなんてやっぱ尊敬なのさ。

20160529_092809.jpg
(この画像はゲームではなくフジTVNEXTの画像から撮影)

でもそんなこともすべてひっくるめて魅力満載なF1屈指のGPなのさ。

また来年も見たいと思わせるGPの一つ。

なのさ。

Comment

Name - Tory  

Title - 

やぱマクホンテストドライバー
松下信治GP2モナコ優勝ってやっぱ相当凄いんだ。
2016.06.05 Sun 15:17
Edit | Reply |  

Name - junda  

Title - モナコで勝つ!

Tory

お、良く知ってるね。
松下信治の情報を。。。

そう第二レースとはいえ、モナコでしかもF1直下のカテゴリーで
見事に勝ったのですよ。。。
去年は学んだから、今年一年がっつりとGP2で暴れてほしい日本期待の星です。

コレって凄いことなのに、日本のメディアはマスコミは黙殺。。。
駄目でしょこれじゃ。。。
大リーグやサッカーばかり。。。アモーレってなんだ〜〜。

ハードばかり供給してもね。

例えるとスペインって取り組みすごいね。
ハードはほぼ何にもないけど、ソフト(人材)の充実たるや凄まじい。。

いつになるのやらそんな日が来るのは。

Junda

2016.06.05 Sun 15:38
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。