FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017夏休み2 

やっぱ速いね〜

山陽新幹線からの車窓なのさ。

故郷で休暇を過ごしたJundaは、ちょっと寄り道をするため大阪へ向かっているのさ。

20170725_153058.jpg
故郷の両親の状況を報告するために東京に帰りがてら兄の住む大阪に向かっているのさ。

今治から高速バスに乗りしまなみ海道を渡り、福山に出てそこから新幹線に。

久しぶりに逢う兄貴、ちゃんと向こうで元気でやっているのだろうか?

新大阪に到着後、梅田で合流し電車に乗り京都に向かう事にしてあるのさ。

野郎二人で京都散策か。

それもまたよろし。

やがて、新大阪に到着して電車を乗り換えて大阪駅に向かう。

そして大阪駅の待ち合わせ場所で待つ事数分、キタキタ。

前と変わらぬ猫背がちな姿等をみて安心。 遠くから歩いて来ててもすぐにわかったのさ。

いや、若干頭が薄くなって来たのかな〜〜 

う〜んやっぱそれは内緒にしておこう。

兄とは久しぶりに逢ったのに、ついさっきまで喋ってた感じで

ベラベラと近況やなんでもないことを言いながら電車に乗り込む。

う〜〜ん、なんだろなこの手慣れた空気感は。 兄弟だからか?

車内では時折真面目な話もしたりして、それぞれの想いや考えを伝える良い時間だったのさ。

半分はうたた寝をしてたけど。。。。

さて、電車に揺られること一時間ちょっとで現地に到着! 20170724_140841.jpg 
ザ・京都〜!!

久しぶりぶりの京都 いいのさ。

5・6年前に来た時は日帰り弾丸ツアーだった、しかも雨だったので印象が薄かった。。

今回再訪するとなんだかとても良い心地。 

やっと京都の神様に呼ばれたのかな〜。。。 チトこっちきて参ってけと。


見るもの聴くもの、ほのかに漂ってくるお香の深い香りもすべてが愉しい。

歳を重ねるにつれ段々と肌が合ってくるような。。不思議な感じ。

四条の駅で降りて、階段を上がると目の前に京都四條 南座が。。。ただあいにく改築してました。

そこから、祇園の八坂神社へ向かって通りをテクテク。。。

20170724_135214.jpg 

八坂神社を通り抜け円山公園を進む、途中南に折れてねねの道を通りさらにテクテク。。。

するとこの前述の写真の場所にたどり着く。 淵の上みたいなところなのさ。

町家や不意に現れる細い通りなど、なんだかとてもイイ。。。

こんなに京都っていいとこだたっけ?? 気がつかなかっただけなのか。。。

20170724_144501.jpg 
先を行く兄 (白シャツの人ですゼ) まってくれ〜〜

この写真はたしか 二年坂かな三年坂だっけか。。。

まあどこもいい感じで、キョロキョロウロウロ。

どこからともなくお香の良い香りが、、こんな場所だから一段と良い香りに思える。

Junda、柄にも無く近くにあったお香の専門店に入り、

色々な芳香の中から 「雲林院」 って名前のお香を買ってしまったのさ。。。

さて、その後進路を西にとり、四条駅を抜け鴨川を渡り、細い路地を抜けて

京都のお台所、錦市場に。
20170724_155812.jpg 

若干細めの通りの左右に色んな店が立ち並んでいるのさ。。。この密集感が良いね。

テクテク歩くと偶然にもここいら辺のお祭りをしていたらしく、祭り囃子が聞こえてきて、

更に歩くと「ホーイ、ホーーーイ、ホーーーーイッ ホイ」とワイワイと踊ってる

白い半被を着た集団がやってきた。

なんちゅうタイミング。 ホントたまたま良い時に来たみたい。。

その後、兄の嫁さんも合流して、晩ご飯をごちそうになってしまいました。。。

良い時間を過ごしました、ごちそうさまでした。。

そこで兄夫婦とは別れて、Jundaはタクシーに乗り二条にある予約してあった宿へ。。。。

宿っていっても、ホテルでも旅館でもなく、かといって民宿でもなく

今の流れなのかわからないが、ゲストハウスってとこなのさ。。

いかにも京都って感じの町家をリフォームした洒落たとこなのさ。

20170725_090605.jpg 
日暮荘っていいます。(宿泊翌日の朝撮影) 

ネットで検索し、安くても京都らしくていいところはないかなと。。。

何件か見ているうちにここの宿にたどり着いたのさ。

二条城の近くにあるこの宿、結構人気らしい。
20170725_071756.jpg
雰囲気も大満足。 コレコレ。 いいね〜

旅館ほど気取ってなく、普通の家のような生活臭も無く、いい塩梅。

内部の造りもいい感じで渋い。 

綺麗に隅々まで掃除が行き届いておりました。。

20170725_071908.jpg 
この宿のリビングから庭を望む。 

おしゃれ雑誌の「なんちゃらな京都特集」みたいな画っぽくっていい。

渋い。。。。

20170725_085702.jpg 
Jundaが通されたお部屋。。 
(ちと写真がぼけててうす暗いですが雰囲気はいいのです)

部屋の真ん中にちゃぶ台と座布団。。。

渋い。。。これまた渋い。。。

素泊まりだったけど、普通のホテルで過ごすのよりもより京都を身近に

体感出来たとういかなんというか、満喫出来たのさ。。

あ、あと 料金は¥4,000〜¥7,000位だったのさ。


さて。 

快適に一晩を過ごし翌朝、タクシーに乗り向かった先は。。。

ドーン!

20170725_092423.jpg 
上賀茂神社、でございます。 

いや、なのさ。。。。やっと来る事が出来たのさ〜。。

白い砂利が敷き詰められていて、昨晩降ったであろう雨の残りが余計に神聖な

雰囲気を醸し出しているのさ。

20170725_095218.jpg 
一通りお参りを済ませ清廉な境内を散策。。。   

いいところだな。。ココは。。

この奥にも歩いて行けそうな感じなんだけどあえて行かなかった。。

また今度なのさ。


さて次のところへ行くのさ〜。

一人旅は思い立ったらすぐに動けるのが良いね。。

20170725_103034.jpg 
またタクシーに乗り、鴨川沿いを南下して再び昨日来た四条へ。

近くに降ろしてもらい、花見小路通りをテクテク。。

まだ時間が早いのか、人通りもまばらなのさ。。。外人さんのツアーばかり目につく。


でも京都って行くとこ見るとこ全部こんなにいい感じの佇まいなのか。。。

街全体が古(いにしえ)の建築テーマパークっぽいってのは言い過ぎだけど、
20170725_103138.jpg 
あたらずと謂えども遠からず。。 画になる風景が其処彼処に点在してるのさ。。

ふと通り過ぎるときに横の路地をみると、どこかの料亭の板前さんと女将さんが立ってたりして。

それもまた画になる。。。 なんだかドラマのロケみたいな。。

それはさておき。

この路をテクテク歩くと建仁寺の近くにでたのさ。

その建物群を横目に路地をウロウロしながら抜けると、、

縁切り・縁結びで有名な「安井金刀比羅宮」にたどり着いたのさ。。

よし、この貧乏暮らしとの縁切りだよと、お札にカクカクシカジカと想いを書き連ね

それを持っていざ参らん。

20170725_105119.jpg 

この丸い穴をくぐり抜け縁切り・そしてまた戻って来て縁結びをお願いしたのさ。

そしてここにお札を貼付けてっと。。 完了。

公私共にいろいろあるので、「心機一転」のお守りもついでに買ったのさ。

頑張るのさ〜〜。

よいご利益を授かるといいな。


そんなこんなで、ついでにお隣の建仁寺の龍の絵も見たかったのだが、

残念ながら帰りの時間も迫ってきたのでまたタクシーに乗り京都駅へ!!

新幹線に乗り帰京。。

これで今回の休暇はほぼ終了、あとは帰るだけなのさ。


ああ、もう2・3日京都に滞在してもっと色々なところを廻りたかったのさ。。

まあ次の楽しみに取っておこう!!

京都、良いッス!!!
20170724_140120.jpg 

なのさ



Junda


























Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。